人生100年時代、ARIA世代が考えたい「働き方の2つの課題」

 今日から10月。今年も残すところ3カ月となりました。新型コロナに翻弄される日々が続きましたが、ここで腰を据えて「特集でぜひとりあげたい」と温めていた2つのテーマを一気にお届けします。

 まずは「がんと共に働く」。取材を受けて下さる方々や、友人・同僚やそのご家族など、身近な人の中にがんの経験者が増えたと感じます。読者の皆さんもおそらくそうではないでしょうか。がんの治療を経て働き続ける方も多くなっている今、先進的な企業では、どうすれば仕事と治療を両立しやすくなるか、制度の整備や場づくりが始まっています。アフラック、ポーラなどの取り組みをお伝えします。さらに、がん経験者の周りの人が知っておきたい心のケアや、がんに備えるためのお金についても取材しました。

 もう1つの特集では、フリーランスで働くには? について考えます。人生100年時代、年金の先行きも不安だし、定年後も働きたいと考えた場合にはどうしますか? フリーランスにスムーズにシフトできますか? 私自身がそうですが、会社にあまりにも頼りすぎていて、何から準備したらいいのか見当がつきません。そこで、同世代で少し早めにフリーランスに移行した方々に、ノウハウを根掘り葉掘り伺いました。

ARIAアカデミー、第4期が始まります!

 「すきま時間にスマホで学べる」をキーワードに2020年1月から始まったARIAアカデミー、第4期が始まります。今回もバラエティーに富んだテーマと講師陣がそろいました。「VUCA時代の新しいリーダーシップ」、メンタリストDaiGoさんに教わる「人を動かす言葉」、ビジネスシーンでもプライベートでも役立つ「ワインの知識」、そして東大教授に教わる「ジェンダー論」。10月~12月の毎週火曜日にお届けしますので、お楽しみに。

(日経ARIA編集長 大屋奈緒子)

◆有料会員にご登録いただくと、特集をすべてお読みいただけます。有料会員登録はこちらから◆
日経ARIA有料会員 お申し込み

※公開された記事は、金色でクリッカブルになります。

  • <10月後半特集>
  • 人生100年時代 誰もがいつかはフリーランス
  • 【1】テレワーク浸透でビジネス系フリーランスのニーズが拡大
  • 【2】人事コンサルとして独立後、那須でデュアルライフを実践
  • 【3】銀行員からプロコーチ 独立で収入半減も視界良好の訳
  • 【4】税理士直伝 独立する前に知っておきたいお金のこと
  • 【5】税理士に聞いた 個人事業主vs法人 どっちがお得?
  • 【6】フリーだと下請け扱い? 会社との契約には法人化が有利

<ARIAアカデミー>
第4期スタート!

  • ◆人生を豊かにする はじめてのワイン講座(第1回)
  • ワインテイスター・ソムリエ 大越基裕
  • ◆人を動かす言葉術(第1回)
  • メンタリストDaiGo
  • ◆ジェンダーのステレオタイプを越えろ(第1回)
  • 東京大学大学院総合文化研究科教授 瀬地山角

日経ARIA有料会員のお申し込み