「きれいにやせる」と話題のジムや「大人の学び」ができる教室、副業になりそうな趣味や、ひとり時間が充実しそうな休日の過ごし方――。いろいろ試したいけれど時間がつくれない「欲張りARIA」のために、ARIA編集部が編集費に頼らず、自腹を切って試してご報告します。身銭を切っているからこそ書ける「本音」コメント、きっとあなたのお役に立ちます!

 河崎環さんもARIAのコラム「オトナの劇薬」で取り上げた「暗闇フィットネス」。2012年に日本に上陸し話題になりましたが、その後サイクリングのほか、ボクシング、キックボクシング、トランポリン、ドラム……などジャンルが拡大して、再びブームが来ています。私の周りにも「実は暗闇に通っている……」と告白する友人がちらほら。調べていたせいか、SNSの広告にも毎日、さまざまな暗闇フィットネスの広告が出るようになってきました。今回、暗闇ボクシング「b-monster(ビーモンスター)」の体験レッスンと、暗闇サイクリング「feelcycle(フィールサイクル)」が今夏開催した大規模イベントに、編集部の砂山が自腹で行ってみました。

「上」「暗闇」ビーモンスター体験 パンチより筋トレがハード

これもフィットネス?「フェス」感満載でわくわく

 8月に訪れたのがフィールサイクル。通常レッスンは受けたことがあったので、今回は8月半ばに幕張メッセで開催したイベント「FEELCYCLE LIVE LUSTER 2019」に行ってきました。スタジオでの通常レッスンは数十人規模なのですが、イベントは幕張メッセの会場に約1000台の自転車(以下、バイクと記述)を並べ、皆で音楽に合わせて漕ぐという大規模なもの。友達を誘って「ローソンチケット」経由でチケットを購入しました(まるでアーティストのライブ!)。

チケットは抽選制。席番号は発券時に分かるものの、前か後ろかは当日まで分からない。先行販売でソールドアウトした回も!
チケットは抽選制。席番号は発券時に分かるものの、前か後ろかは当日まで分からない。先行販売でソールドアウトした回も!

 イベントは3日間で11公演が開催されました。「ROCK」「COMPILATION」「ZEDD MIX」の3種類があり、例えば同じ「ROCK」でも公演ごとに出演するインストラクターが異なります。ROCKはロックミュージック中心に100分、COMPILATIONはEDM、ポップミュージックなどオールジャンルの音楽を集めたプログラムで100分、ZEDD MIXは世界的なDJ「ZEDD」がプロデュースした楽曲ばかり60分で構成されています。

 8月11日(日)夏真っ盛りの幕張メッセへ。受付でチケットを提示し会場に入ると、広~いスペースが! オリジナルのTシャツなどを販売している物販コーナー、飲食コーナーの他、ハンモックやソファなどでくつろげる場所もあります。来場者の女性はタンクトップやTシャツに下はレギンス、というスタイルの方が圧倒的に多いですが、中にはオリジナルで作成したと思われる衣装に身を包んだ人も。フェイスペイントやヘアアクセサリーなど、「フェス」感満載でわくわくします。

幕張メッセの屋内に中に入ると、広いスペースに物販や飲食、リラックスエリアなどが。もちろん更衣室やクロークもある。公演スペース(バイクエリア)は天井からカバーで仕切られていた
幕張メッセの屋内に中に入ると、広いスペースに物販や飲食、リラックスエリアなどが。もちろん更衣室やクロークもある。公演スペース(バイクエリア)は天井からカバーで仕切られていた
物販スペースでは、フィールサイクルオリジナルのTシャツやタンクトップ、タオルなどが販売されていた
物販スペースでは、フィールサイクルオリジナルのTシャツやタンクトップ、タオルなどが販売されていた
ヨガマットなどが敷いてあるリラックスゾーン
ヨガマットなどが敷いてあるリラックスゾーン
このカバーで仕切られた奥が公演スペース(バイクエリア)
このカバーで仕切られた奥が公演スペース(バイクエリア)