システムメンテナンスのお知らせ

  1. 日経xwomanトップ
  2. ARIA
  3. 日経WOMAN×ARIA 妹たちへ
  4. 妹たちへ 財前直見 50歳から資格を6つ取得
日経WOMAN×ARIA 妹たちへ

妹たちへ 財前直見 50歳から資格を6つ取得

家族が亡くなったときに困らないようにと考案した、その人のことが分かる「ありがとうファイル」


人生には思いもよらぬことが起きるもの。肩の力を抜いて柔軟に「私の生き方」を見つけていこう――。先輩たちが半生を振り返って贈る、珠玉のメッセージ。日経WOMANの看板リレー連載を、ARIA読者にお届けします。女優・財前直見さんの最終回。大分に移住して、シングルマザーとなり、育児と仕事を両立させながら、豊かな暮らしを実現させた秘訣を語ってくれました。

(1)就職→結婚のつもりが芸能界へ
(2)出産後、41歳で大分へ戻ることに
(3)50歳から資格を6つ取得 ←今回はココ


財前直見
女優
財前直見 1966年大分県生まれ。85年に女優デビュー。主演ドラマ『お水の花道』(99年、フジテレビ系)などで人気を博し、映画、ドラマを中心に幅広く活躍。近年の主な出演作に、連続テレビ小説『スカーレット』(2019年、NHK)、『黒鳥の湖』(21年、WOWOW)、『財前直見のおおいた暮らし彩彩』(21年〜、NHK大分)など。メンタル心理カウンセラー、終活ライフケアプランナーなどの資格を持つ。著書に『自分で作る ありがとうファイル』(光文社)、『直見工房』(宝島社)など

 1歳になる前の息子と地元・大分に戻り始まった、東京との2拠点生活。実家で両親に頼れるなか、安心して育児に専念できました。

 家には両親がいて、私のことを子どもの頃から知っているご近所さんとは、普通にあいさつをする間柄。近くの銭湯では、私が頭を洗っているときは、おばあちゃんたちが息子の面倒を見てくれたり……。

 後に私はシングルマザーになりましたが、両親以外にも多くの先輩方が見守ってくれる環境は、とても心強かったです。今、息子は高校1年生。東京生まれですが、会話はこってこての大分弁です(笑)。

 畑を耕し、父が育ててくれた作物を収穫して、新鮮なうちに料理していただく。大分ではそんな毎日です。梅が採れたらはちみつ漬けやしょうゆ漬けにしたり、タケノコは水煮にし、炊き込みご飯や味噌煮を作ったり。

 すぐに食べ切れない分は、母といろいろなものに加工しています。果物をたくさんいただいたときには、氷砂糖で漬けてジュースに、氷砂糖が溶けた後の実をそのままミキサーにかけるとおいしいジャムに。冷凍すればシャーベットにも。シロップにホワイトリカーを加えればフルーツ酒に……と、1つの食材を余すところなく使って手作りすることが、とても楽しくなっています。

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My ARIAの設定が可能になります