「学び直しがまさにリスタートになった」と前回、話してくれた楠本菜緒実さんその楠本さんが講師を務める講座、「12星座のアロマレッスン」では一体どんな「自分探し」が行われているのでしょうか。今回はその人気の秘訣を分析してもらいました。

「自分のこと」をみんな知りたがっている

―― アロマレッスンの受講動機はどんなものが多いですか。

楠本菜緒実さん(以下、敬称略) 受講生はみなアロマに興味があって、何かしらお気に入りのアロマ(精油)を持っています。同時に占いも好きで、占星術とアロマを掛け合わせた授業が90分で気軽に聞けるなら「面白そう」という興味そのものが受講のいちばんの理由ではないでしょうか。

藤井裕子さん(ニールズヤードレメディーズ サロン・スクール事業部統括マネジャー 以下、敬称略) みなさん、自分のことを知りたがっているような気がします。大人になるにつれ人から客観的な評価をもらうことが少なくなっていきますし。本来、香りについて単純に知りたいと思う好奇心がまずあり、そこに一通りは知っているアロマの知識と探究心が重なって、さらに自分自身のことを知りたいという潜在的なニーズが合致したのではないでしょうか。

 例えば一つの例として、パワーストーンのブレスレットはしたくないけど、自分の魅力を引き出してくれるアロマがあるなら知りたいし、アクセサリー感覚で「お守り」を持って安心したい。そんな女性たちの気持ちの揺らぎに「ばちっ」とはまったところもあったと思います。

楠本菜緒実さん(左)と藤井裕子さん。「みなさん、自分のことを知りたがっているような気がします」