「学び直しは、生まれ直し」そんな言葉を聞きました。学び直しの高まりは「新しい自分」との出会いを求める、第二の自分探しなのかもしれません。このシリーズでは「40歳からの自分探し」を一緒に考えていきます。第1回は開講以来、毎回満員御礼の人気講座、「12星座のアロマレッスン」の講師である楠本菜緒実さんにお話を聞いてきました。

学び直しがまさにリスタートだった

 「スピリチュアルとは距離を置きたい」と言いながら、星占いはつい毎週チェックしてしまう。そういう人は意外と、多いはず。毎回キャンセル待ちが出るほど人気のアロマ×占星術の授業があると聞きつけ、早速受講してみました。

 星占いやアロマ自体への興味もさることながら、人気の秘訣はどうやら講師である楠本さんの人柄によるところが大きいと感じました。楠本さんの話術の巧みさ、面白さに魅了されたリピーターも多いそうで、次第に口コミで人気が広がったのも納得です。

―― なぜこの仕事を始めようと思ったのですか。

楠本さん(以下、敬称略) 私がニールズヤードに入社したのは42歳のときです。それから早16年。現在58歳です。実は50に突入したばかりの頃に、パニック障害になってしまい。3カ月休職したことがありました。仮に60歳で定年だとすれば、あと10年しかない。

 長年会社に守られてきたので、定年して初めて社会に出る感覚なんですよ。あと10年で会社から離れて「私はこういう人です」と言えるようになるにはどうしたらいいか。そう考え始めたら突然、「私には何もない」という思いが襲ってきてしまって。

 離婚してパートナーもいない。子どももいない。夫婦で購入した家も手放してしまったので持ち家もない。今なら親や姉妹などかけがえのない家族がいるじゃないと言えますが、そんな当たり前の幸せにも気づけなかったんです。食事も喉を通らなくなるくらい考え込んで、過呼吸症で電車に乗ることさえ怖くなってしまい、3カ月間は家に閉じこもりきりでした。

ニールズヤードレメディーズ講師・楠本菜緒実さん