日経ARIA

「徹子の部屋」プロデューサー 叱責地獄で学んだ処世術

1963年、評論家・田原総一朗氏の長女として生まれる。1986年、テレビ朝日入社。『スーパーモーニング』『昼ワイド』などのディレクターとして活躍後、黒柳徹子さんとユニセフの特別番組で難民キャンプ各地を報道。1995年、ドキュメント番組『親の目子の目』で民間教育協力協会会長賞受賞。2000年からプロデューサーに。『世界の車窓から』などを経て、39歳で『徹子の部屋』を担当。プライベートでは25歳で結婚、41歳で双子男児を出産。執筆や講演活動も行う。
閉じる