日経xwoman

宇津木妙子 知られざる円満な結婚生活!夫は12歳年下

女子ソフトボール元日本代表監督 宇津木妙子

女子ソフトボール元日本代表監督 宇津木妙子
1953年、埼玉県生まれ。中学1年生からソフトボールを始め、高校卒業後にユニチカ垂井に所属し、74年世界選手権出場。85年に現役引退後、日立高崎(後にルネサス高崎)の監督に就任。97年に日本代表監督に就任。2000年シドニー五輪銀メダル、04年アテネ五輪銅メダル獲得。同年、日本代表監督を退任。11年にNPO法人ソフトボール・ドリームを設立。現在は後進の育成や競技の普及に尽力している
閉じる