日経xwoman

75歳、フルタイムで就労支援「人生経験すべて役立つ」

二見忍

二見忍
1946年生まれ。高校卒業後、都市銀行や人材派遣会社、土木会社などに勤務し、54歳で産業カウンセラー、70歳でキャリアコンサルタントの資格を取得。横浜市の非常勤職員を経て、現在は東京都内の区役所で生活保護の受給者に就労支援を行う相談員として勤務する。横浜市で60代以降の働き方・生き方を考える場づくりに取り組むNPO法人ロクマルにて、働くこと全般の相談に応じる「先生」としても活動中。
閉じる