「投資? そんな時間ないし、絶対に元本割れしたくない!」「やっぱり銀行預金が一番安全でしょ!」。胸を張って貯蓄一筋40ウン年できた日経ARIAの細腕記者2人が、お金の達人と丁々発止の5番勝負!「本当に投資は必要なんですか?」「長期投資すれば必ずもうかるって過去の話でしょ?」――素人質問を迎え撃つ達人たちの答えは? そして、記者たちはどう動く? 実録です!

重い腰を上げて投資始めます

この記事の前に読みたい
「元本割れは絶対嫌!」な記者が投資のプロにかみつく


 前回の取材で、長寿が当たり前になってきた日本社会での「投資しないリスク」について、初めて深く考えて実感した記者Iと記者O。今のところ体は丈夫で「96歳まで生きる20%の女性」に入るかもしれない――。ついに重い腰を上げて、投資への第一歩を踏み出すことを決意しました!

 フィデリティ投信の野尻哲史さんからは、「毎月コツコツと決まった金額で投資信託を買い続けるのがベスト」だと教わったけれど、現状でも仕事や家のことで一杯いっぱいなのに、余計な手間と時間を増やさずに、ラクに投資の仕組みを作る方法はないの?

 ということで、働く女性目線でお金まわりのあれこれを丁寧にアドバイスしてくれると評判のファイナンシャルプランナー、風呂内亜矢さんを訪ねました。証券会社選びや口座開設で迷いそうなポイント、さらに一緒に手続きしておきたい税制優遇まで、「世界一丁寧な説明」と言っても過言でないくらい、微に入り細に入り、スッキリするまで教えてもらいました!

記者I 40年間貯蓄一筋だった私ですが、今や投資する気満々です! この気持ちが冷めないうちにさっさと始めちゃいたいんですけど、投資といえばまずは証券会社ですよね。ド素人向けにおすすめの証券会社の「正解」をズバリ教えてください。事前に日経マネー編集部の知り合いにいろいろ聞いてみたところ、店舗を持たないのでお得に商品が買えるネット証券がいいって言われまして……。

風呂内亜矢さん(以下、敬称略) ネット証券の中でも、商品数が豊富で手数料が安い、と人気を集めているのがSBI証券楽天証券ですね。利用者が多いために画面が見やすく使いやすくなっていくので、投資が初めてという人におすすめを聞かれたら私はこの2つを挙げることが多いですね。個別株も始めたい場合には、小口株の取引が1日10万円までだと手数料無料の松井証券なども人気があると思います。

記者O リスクを分散するには投資信託がいいんですよね? 「長期、積み立て、分散投資」を守る範囲にとどめようと思ってますので、投資信託が購入できればいいです。家からパソコンで手続きができて、手数料が安いところで!

風呂内 ではSBI証券か楽天証券でいいと思います。まずは口座を開くところからですね。パソコンにつながる環境があれば申し込めます。スマートフォンでできるところもありますよ。大まかにはこんな流れですね。

記者O あれ、STEP1の銀行口座って? 投資信託を買うために、銀行口座も開設しないといけないんですか?

風呂内 開設しないといけないわけではないですが、手数料などで有利な面があるので見逃せないですね。

記者O 証券口座を開くのに、銀行で得するってどういうことなんでしょう?