日経ARIA

レジリエンスが高い組織の共通点「ブリコラージュ」とは

レヴィ=ストロースは、アマゾン川流域でフィールドワークを重ねて未開社会を構造主義的アプローチで分析。1960年代に世界の思潮をリードしていたサルトルの実存主義を真っ向から批判し、構造主義の時代への扉を開いた(写真はイメージ)
閉じる