日経xwoman

宇宙飛行士試験ファイナリストの医師が次に進む法律の道

産婦人科医、医学博士、社会起業家、法学研究者
江澤佐知子さん

産婦人科医、医学博士、社会起業家、法学研究者<br>江澤佐知子さん
1973年、東京都大島町生まれ。産婦人科の臨床医を主軸に、電子母子手帳運営会社、子宮頸(けい)がんの予防・検査を啓蒙するNPO法人の代表を務める。2008年慶応義塾大学大学院で医学博士取得。翌2009年、宇宙飛行士の選抜試験に挑み、女性唯一のファイナリストに。2012年に早稲田大学法学部に学士入学。双子の出産を経て、現在は同大学院博士後期課程で生殖医療を法律学の視点でサポートする研究に取り組んでいる。南流山レディスクリニック勤務
閉じる