日経xwoman

大宮エリー 「ゴミが出せない」気づいたらうつだった

大宮エリー

大宮エリー
おおみや・えりー/画家、作家、脚本家、演出家、映像ディレクター。1975年、大阪生まれ。2006年に映画『海でのはなし。』で映画監督デビュー。著書に『生きるコント』『思いを伝えるということ』(文春文庫)など。12年「思いを伝えるということ」展は1万5000人を動員。以降、国内外で展覧会を開催。瀬戸内国際芸術祭2022にも出展予定。19年、クリエーティブ力を鍛えるオンライン学校「エリー学園」を立ち上げ、さまざまなジャンルの講師を招いて新たな創造の場を生み出している
閉じる