自分を見つめ直す2020年の夏

 「本当ならオリンピックやパラリンピックが開催されて、にぎやかな夏になるはずだったのに」。そんな声が聞こえてくる2020年の夏です。特に東京などの大都市では新型コロナウイルス感染症の第2波が心配され、家で過ごすことが多くなりそう。この機会に、自分を見つめ直すきっかけとなる特集を、8月にお届けします。

 前半特集は「50代キャリアの輝かせ方」。男女雇用機会均等法第1世代が50代中盤を迎える今、数年後に迫った定年をどう迎えるかという課題に、これから女性たちも続々と直面します。会社に残ってもモチベーションを失わないためには? 早めに方向転換するにはどうしたらいい? 40代から意識しておきたいコツを、先輩のケースや、専門家への取材で明らかにします。

 後半特集は「ウィズコロナで変わる 仕事時間、自分時間」です。コロナ禍でリモートワークを継続しており、自由に使える時間が増えたという人もいるでしょう。仕事がキャンセルになって、ぽっかり空いたスケジュールで新しいことに挑戦しているといった話も聞きます。新しいことを始めて続ける秘訣を、ヘア・メイクアップアーティストの藤原美智子さん、プロテニスプレーヤーの伊達公子さん、さらに読者の方々に伺います。

大反響のARIAアカデミー4記事、第2回を配信

 先月7月に初回記事をお届けしたARIAアカデミー、大きな反響をいただいています。「アンコンシャス・バイアス」では、経験豊富なARIA世代だからこそ気付かないうちに影響されてしまうバイアスについて、4つを詳しく紹介します。ほかにも「抗糖化」「循環型社会」「介護離職」と、ARIA読者なら知っておきたい旬のテーマ、毎週火曜日にお届けします。ご期待ください。

(日経ARIA編集長 大屋奈緒子)

◆有料会員にご登録いただくと、特集をすべてお読みいただけます。有料会員登録はこちらから◆
日経ARIA有料会員 お申し込み

※公開された記事は、金色でクリッカブルになります。

  • <8月前半特集>
  • 50代キャリアの輝かせ方 ~40代から始めるべきこと~
  • 【1】50代の会社員生活は「停滞」ではなく「学びの宝庫」
  • 【2】TBSで定年目前 54歳での異動も退職しなかった理由
  • 【3】45歳で大手金融を退社 70歳の「居場所」をつくるため
  • 【4】社会人大学卒業後に54歳でNPOへ これからは社会貢献
  • 【5】50代の働き手のニーズは?定年後再雇用はすべき?
  • <8月後半特集>
  • ウィズコロナで変わる 仕事時間、自分時間
  • 【1】読者に聞いた 私の時間の使い方、始めたこと・やめたこと
  • 【2】藤原美智子 40代で朝時間、50代で2拠点生活
  • 【3】伊達公子 パン店経営、早大大学院…全力キャリアその後
  • 【4】コロナで引っ越し、家庭菜園… 読者の自分時間
  • 【5】在宅テレワークの時間管理 生産性をどう上げる?
  • 【6】時間管理で変われる会社・変われない会社

<ARIAアカデミー>
第3期スタート!

  • ◆アンコンシャス・バイアス講座(第2回)
  • アンコンシャス・バイアス研究所代表理事 守屋智敬
  • ◆「抗糖化」が老けない秘密(第2回)
  • 昭和大学医学部教授 山岸昌一
  • ◆循環型社会で里山を守る(第2回)
  • 石坂産業代表取締役 石坂典子
  • ◆介護で仕事を辞めないために(第2回)
  • リクシス 取締役副社長CSO 酒井 穣

日経ARIA有料会員のお申し込み