夏休みにじっくり考えたい、2つのテーマ

 8月のARIAは、夏休みにじっくり考えたい2つのテーマで特集をお届けします。

 1つ目は「教養」。教養と聞いてまっさきに思い浮かぶのは、どんな内容でしょうか。文学や哲学、アート、日本文化、歴史、語学、マナーやふるまい……。そのイメージは、現代とこれからの未来を生きる人にはちょっと古いかもしれません。デジタルやネットを前提にした社会では、情報を「知っている」ことよりも「正しく使える」ことのほうがずっと重要になります。そんな「あたらしい教養力」について、提唱している識者とビジネスリーダーたちに聞きました。

 もう1つの特集は「からだメンテナンス」です。40歳を過ぎた頃から、「忘れっぽくなった」「体力が落ちた」「目が疲れやすくてかすむ」といったからだの悩みが出てきていませんか? でも人生100年時代、自分のからだはメンテナンスして、まだまだしっかり働いてもらわなくてはなりません。いますぐ変えるべきからだ習慣とは? お金をしっかりかけてでも、40代、50代でメンテナンスすべき部位とその方法は? 特にARIA読者の関心が高そうな部位を厳選して、じっくり取材しました。

◆有料会員にご登録いただくと、以下の「特集」と「ARIAアカデミー」をすべてお読みいただけます。月額プラン825円(初月無料)有料会員登録はこちらから

※公開された記事は、金色でクリッカブルになります。

  • <8月特集1>
  • あたらしい教養力 知ってるよりも“使える”が大事
  • 【1】「教養=知識をたくさん持つ」は大誤解 東大教授が解説
  • 【2】カルティエジャパンCEO 考え抜く力があってこそ教養
  • 【3】マネックス清明祐子 人から得る「生きた知識」が大事
  • 【4】アクサ生命社長 知らなかったことに出合いに行く=教養
  • 【5】成毛眞 教養人を目指すなら科学の最新情報を追い続けよ
  • <8月特集2>
  • 人生100年時代の からだメンテナンス
  • 【1】日本人は歯磨き下手? 歯周病予防で磨くべき部位はココ
  • 【2】40代から増える目の病気 最新の視力回復手術は?
  • 【3】将来の要介護を防げ 15分の脳ドックで脳の健康確認
  • 【4】100年使える体に 今からやるべき筋肉メンテ
  • 【5】更年期は怖くない 不安を乗り越える4つのチョイス

ARIAアカデミー第11シーズン、それぞれ第2回をお届け

 7月から始まったARIAアカデミーは、全3回のそれぞれ2回目をお届けします。仕事をうまく回すのに役立つ「マーケティング思考」、中竹竜二さんが説く「自分で自分を育てる方法・セルフリード」、美容家・山本未奈子さんによる、ARIA世代のための美容学、そして注目の「メタバース」について知識ゼロの人でも分かるように解説してもらいます。有料会員の方は、第1回はもちろん、過去にお届けしたすべてのアカデミー記事をお読みいただけます!

大人気の連載も、さらにパワーアップ!

 7月末にスタートして大反響をいただいた漫画家・一条ゆかりさんのインタビュー。今月は全4回の第2回をお届けします。『有閑倶楽部』の主人公たちが、大人になって働くとしたらどんな職業に……? 作者の頭の中でどう展開したのか、どこに着地したのか、可能な限り話してもらいました。

 同じく7月末にスタートして、こちらもFacebookなどで大反響の新連載「70代、80代、親のホンネ」。久々に帰省しても和やかなのは最初の数時間だけ、すぐにケンカになったりうっとうしくなったりしちゃう……。そんな経験がある方は、老親との親子コミュニケーションのコツを教えてくれるこちらの連載をぜひ参考にしてみては?

 強力なレギュラー連載陣もますます元気です。小島慶子さん、長野智子さん、勝間和代さん、昼スナックの紫乃ママ、arikoさん、男性学の田中俊之さん、湯山玲子さん……。長野智子さんは、意外にも「初顔合わせ」という先輩との対談が実現! そのお相手は……? 今月のARIAにも、どうぞご期待ください!

大人気連載はここから!
※公開された記事は、金色でクリッカブルになります。

<ARIAアカデミー>第11期

  • ◆40歳からのセルフリードの極意(第2回)
  • チームボックス代表取締役 中竹竜二さん
  • ◆更年期世代のためのポジティブ美容学(第2回)
  • 美容家・起業家 山本未奈子
  • ◆イチから知る メタバースの現在地、そして未来(第2回)
  • クラスター代表取締役CEO 加藤直人

日経xwoman有料会員のお申し込み