日経ARIAが誕生して2年、新しいフェーズへ

 2019年2月に誕生した『日経ARIA』は、2021年4月に大きく変化します。姉妹媒体の20~30代向け『日経doors』や働くママ・パパ向けの『日経DUAL』と一緒になり、『日経xwoman(クロスウーマン)』として生まれ変わります。さらに、変化の速い時代に知っておきたい時事テーマや社会課題、お金、健康に関する情報も強化します。ARIAブランドでは引き続き、働く40~50代に刺さる記事や役立つ情報をお届けしますので、これからもご愛読よろしくお願いします。

 新生・ARIAの4月前半特集は、注目のリーダーに迫る企画「彼女がリーダーになった理由」です。ARIA世代の40代、50代にはリーダーを務めている方も少なくないと思いますが、今回取材したのは組織のトップや経営層に就いた人たちです。昇進の階段を上り詰めるにあたって葛藤は? 覚悟は? バトンを渡す側の思いは? 組織のトップ層に女性が加わることの意義は? 日本企業では社員から役員クラスにまで昇格する女性が少ない理由も考えます。

 後半特集では、ARIA世代の個人にとっての「幸せな働き方」のカギを探りました。登場する7人に会ってきた取材チームは、みんな「めちゃめちゃ面白い話でした」「フリーの道を選択してすごい手応えを感じているそうです」「仕事を選ぶ基準がはっきりしている」と、興奮気味に報告してくれました。人生を変えるほどの「好きなこと」は何? 「好きなこと」に出合って自分が変わったと思う点は? あなたにとっての「幸せ」とは? 魅力的なそれぞれのストーリーから、何かヒントが見つかりますように。

(日経xwoman編集部 大屋奈緒子)

※公開された記事は、金色でクリッカブルになります。

  • <4月後半特集>
  • 「好き」を追いかける 40代からの「幸福論」
  • 【1】同僚の突然死に衝撃 エンジニアから海洋生物写真家へ
  • 【2】通勤が嫌で逗子へ移住 地域活性がライフワークに
  • 【3】上:大企業を出て得た自由 「ひとり広告代理店」の醍醐味
  • 【4】下:電通 40歳以上の社員に個人事業主化の道提示 狙いは?
  • 【5】元ガンプラ少年「動くガンダム」のため大企業を退職
  • 【6】お肉大好き!大手保険会社総合職から塊肉専門店を出店
  • 【7】勝間和代 大失恋から1人になって発見した幸せとは?
  • 【8】科学的に分かった幸せの定義とは?

アカデミー第6期、4つの新講義が一斉にスタート

 「すきま時間にスマホで学ぶ」をキャッチフレーズに、2020年の1月から始まったARIAアカデミー。週替わりで毎週火曜に4つの講義を、3カ月にわたってお届けしています。

 テーマは経営学、医療、マーケティング、リベラルアーツ、社会学…と幅広い分野について、一流の講師から最新の「大事なところ」を教わります。今回はARIAの新しい出発にふさわしい、旬な4テーマをそろえました。

 第1週は、いよいよ一般を対象とした接種が近づいてきた新型コロナワクチンについて、厚労省の分科会のメンバーでもあるワクチンに詳しい医師に話を聞きます。何かワクチンを語るにしても、まずは科学的に正しく理解してから。一般市民目線で取材しました。第2週は、転職学です。えっ、そんな学問が? と思いますよね。この時代、これからの時代、働くすべての人が知っておきたい必須科目としてお届けします

 後半の2週間は、「ファンベース」「心理的安全性」という、ビジネスやマーケティングの現場での注目ワードを、それぞれ第一人者に教わります。毎週火曜にお届けする記事を、どうぞお楽しみに! なお、過去にお届けしたアカデミー記事も、有料会員になっていただくとすべて読めます。

 アカデミー以外にも、大江千里さん、Charaさんのインタビューや、ARIA世代をターゲットにしたテレビドラマの深読みコラムといった新連載が、4月から続々登場します。仕事も、ライフも、学びも謳歌するためのパートナーとして、今後のコンテンツや展開にぜひご期待ください。

大人気連載はここから!
※公開された記事は、金色でクリッカブルになります。

<ARIAアカデミー>
第6期スタート!

  • ◆ファンベースの時代(第1回)
  • ファンベースカンパニー 会長 佐藤尚之
  • ◆チームの心理的安全性を高める(第1回)
  • ZENTech取締役 石井遼介

日経xwoman有料会員のお申し込み