日経xwoman

サードプレイスが見つからない人へ 「三流」の道を進め

能楽師の安田登さん。「一生一つのことを追い続ける一流こそ素晴らしい、という価値観に縛られるのって、なんだかとっても窮屈だなと思うんです」
閉じる