世界の最先端を体感できる都市、ニューヨーク。この街に1996年から在住し、ビジネス・コンサルタントとして第一線で活躍する渡邊裕子さんの最新リポートをお届けします。

 ニューヨーク生まれの女性専用コワーキングスペース「The Wing(ザ・ウイング)」。ニューヨークのソーホー地区にあるThe Wingは、中華街に近い、あまり派手ではない通り沿いに位置する。古い倉庫のような無愛想で重い鉄の扉を開くと、これまた古臭いエレベーターが現れる。しかし、5階に上がり扉を開くと風景は一変。パステルピンクの壁紙、自然光の入る大きな窓、高い天井、キュートかつ上品な家具でデザインされた別世界が目の前に広がる。ここでは利用者はもちろん、スタッフも全員女性だ。

The Wingは開放感があり、キュートかつ上品な家具が並ぶ女性専用のコワーキングスペースだ
The Wingは開放感があり、キュートかつ上品な家具が並ぶ女性専用のコワーキングスペースだ
The Wingは開放感があり、キュートかつ上品な家具が並ぶ女性専用のコワーキングスペースだ
受付も含め、女性スタッフのみで運営されている
受付も含め、女性スタッフのみで運営されている

1号店オープンから3年。会員になるのに「1年待ち」も

 The Wingは大ざっぱにいうと「女性限定の『WeWork(ウィワーク)』」(*)。2016年にニューヨークのフラットアイアン地区に1号店のコワーキングスペースをオープンしたのを皮切りに、この3年で急成長を遂げた。現在は、ニューヨークの4店をはじめ、全米の主要都市であるサンフランシスコ、ワシントンDC、ロサンゼルス、シカゴ、ボストン、さらに英国のロンドンと、合計10店展開する。

 2020年中にはシアトル、トロント(カナダ)、そしてニューヨークにもう1店新たにオープンする。会員は約1万人(2019年7月時点)。場所によってはウエイトリスト(キャンセル待ち)があるほどの人気だ。昨年、私が会員になるにはどのくらい待つのかを尋ねたところ「1年以上」と言われた。

*WeWorkは、ニューヨークに本社を置く、起業家向けのコワーキングスペースを提供する企業。33カ国、127都市、625カ所に拠点がある(2019年11月時点)