日経ARIA

夏井いつき 43歳で離婚、生活苦の中「意地でも俳人」

1957年、愛媛県生まれ。「教師の仕事は天職だと思っていました。好きな仕事から離れるためには、『踏み切り板』が必要だった。それが俳句だったの。ほかになかったのよ」
閉じる