「一緒に住むようになって、パートナーへのモヤモヤが増えてきた」「子どもが生まれてから夫とギクシャクするようになった」「親の介護のことで夫と険悪になった」…、こんなお悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。そんな方にぜひおすすめしたいのが、作家・心理カウンセラーの五百田達成さんが提唱する「パートナーとの関係がうまくいく話し方」。コツを押さえて、パートナーとの関係をより良いものにしていきましょう!

(1)夫やパートナーにもうイライラしない 話し方5つの基本 ←今回はココ
(2)パートナーとの気詰まりな話題には「◯◯話法」が効果的
(3)お互いの愛が冷めない&愛が復活する話し方

「家族だから」と油断している人が多すぎる

編集部(以下、略) 人に、人間関係の悩みはつきものですが、ARIA世代では、一番身近にいる「夫」や「パートナー」との関係に悩みを抱える人も少なくありません。五百田さんの提唱されている「話し方」に変えれば、パートナーとの関係は良好になるのでしょうか。

五百田達成さん(以下、五百田) パートナーとの関係がうまくいかない理由は、「会話がうまくいかないから」です。育児や介護、お金などの難しい問題があったとしても、パートナーとのコミュニケーションがうまくいっていれば、物事は解決に向かいます。円滑なコミュニケーションを行うためには、まず話し方を変えれば、二人の関係は変わっていくでしょう。

―― 話し方を変えるだけなら、今日から実践できますね。でも長年のコミュニケーション方法を突然変えるというのは、恥ずかしさなどもあり、なかなか難しそうです。

五百田 話し方をどう変えていくかには、コツがあるので、まずはそこを押さえましょう。今回は、その中でも5つの最重要ポイントについてご説明します。

 まず押さえておいてほしいポイントが、相手を他人と思うということです。「長年一緒に住んでいるから」「家族だから」と油断している人が多すぎるように思います。