日経ARIA

小川糸 母を「初めていとおしく思えた」とき

母が向き合った死、その死に一緒に寄り添った経験から『ライオンのおやつ』が生まれた
閉じる