IE11のサポート終了について誌面ビューワーのメンテナンス(12/13)

  1. 日経xwomanトップ
  2. ARIA
  3. ひと・ヒト・人
  4. 宮崎美子 70歳でもビキニで撮影できる自分でいたい
  5. 4ページ目
ひと・ヒト・人

宮崎美子 70歳でもビキニで撮影できる自分でいたい

50歳の壁を越えて吹っ切れた。人生を楽しむ秘訣は「おばさん力」にあり!


「最年長記録はまだつくれる」に励まされた

―― まさに宮崎さんのイメージですね。

宮崎 わぁ、うれしい。そうだったらいいなぁと思いますが。友達にこういう人がいてくれたら幸せですよね。私は地元の同級生や大学時代の友達が一番心を許せるし、話をしていて気持ちが楽になります。今はコロナもあって、友達となかなか会えないのがね……。ドラマや映画でも打ち上げがなくなってしまったので、出演者やスタッフの皆さんとゆっくり話す機会もなくてちょっぴり寂しいです。

 そんな心が沈みがちな時に勇気づけられたのが、東京オリンピックやパラリンピックの選手の皆さんの活躍です。

 50歳で金メダリストとなった東京パラリンピック自転車女子の杉浦佳子選手が言った、「最年少記録は二度とつくれないけど、最年長記録はまだつくれる」という言葉は印象的でした。まだまだ自分も頑張れるなって励まされました。

―― 宮崎さんはいろんなシーンで最年長記録が出せそうですよね。70歳で水着グラビア最年長記録も夢じゃないのでは?

宮崎 いやあ、それはどうでしょう(笑)。ただ、ビキニを着るかどうかは別として、実は篠山さんに「50周年記念も撮影お願いしますね!」と言ってあるんです。そしたら「俺が生きてるか分からないよ」って笑顔で返されましたけどね。

 もし、その時になってみたら、「面白そうだから、また水着にチャレンジしよう」って思い切っちゃうかもしれない。そんなふうに思える70代でいたいですよね。あれ、こんなこと言っちゃっていいのかな!?

 これから先はいかに衰えるスピードを緩められるかだなと思っていて。人生を思う存分楽しみたいから、そのためにも健康でいないといけないし、それこそ筋力や骨量を高める努力も必要かなと。私って欲深いんでしょうか(笑)。若作りはしませんけど、心と体をいつまでも健やかに保てるように精いっぱいのことを自分にしてあげたいですね。

続きの記事はこちら
宮崎美子「遅いよね…」女優と名乗る覚悟ができた42歳

取材・文/伯耆原良子 構成/市川礼子(日経xwoman ARIA) 写真/洞澤佐智子

宮崎美子『スティル・メロウ ~40thアニバーサリー・アーカイブス』
1981年のファーストアルバム『メロウ』には、松任谷由実、矢野顕子、坂本龍一らが楽曲を提供。歌手デビュー40周年を記念した記念盤(CD2枚組)は、1983年までにリリースしたシングル3枚、アルバム3枚の全作品を最新のデジタルリマスター音源で収録した。2021年9月29日発売
宮崎美子
女優・タレント
宮崎美子 みやざき・よしこ/1958年生まれ、熊本県出身。80年、『週刊朝日』の表紙モデルに起用されたのを機に、ミノルタ・カメラTVCMに出演。同年、TBSテレビ小説『元気です!』主演で、本格デビュー。その後、数多くの映画やドラマに出演し、2000年の映画『雨あがる』で「第24回日本アカデミー賞」優秀主演女優賞、「第43回ブルーリボン賞」助演女優賞を受賞。女優として活躍する傍ら、クイズ番組にも多数出演し、話題に。2021年9月には歌手デビュー40周年記念アルバム『スティル・メロウ ~40thアニバーサリー・アーカイブス』をリリース。自身のYouTubeチャンネルやラジオ番組などでも幅広く活躍。
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My ARIAの設定が可能になります