日経ARIA

木皿泉 人との距離感の「当たり前」が分からず苦労

「私、自分が『書きたい!』って心底思える状態になるまで待ちたいから、いつも原稿を出すのがすっごく遅いんです。やっぱり自分が楽しいと思いながら書いたもののほうが、皆さんが喜んでくださるというのが経験としてあるんですよね。でもいざ書ける状態に入ったら速くて、『ここのセリフが出てこない』みたいなことは一切ありません」
閉じる