日経xwoman

小島慶子 古民家でお化けを一喝! 左足親指と旅の記憶

1990年夏、父が駐在していたインド・ニューデリーにて。18歳になったばかりの私にとって、忘れがたい旅となりました。上の写真が、父が暮らしていた社宅の庭の隅で撮影したもの(この写真にまつわる話は後半で……)
閉じる