1. 日経xwomanトップ
  2. ARIA
  3. ARIA悩み丼
  4. 酒井順子がアラフィフにエール 「努力できるのは強み」
ARIA悩み丼

酒井順子がアラフィフにエール 「努力できるのは強み」

年下の上司、会社に居場所がない…の悩みに、どんなアドバイスを与える?


蓋を開けてみなきゃ、人にはどんな悩みがあるのか分からない。笑顔でステキなあのARIAさんも、40~50年も生きてりゃ悩みの1つや2つありますよね。さて、きょうはどんなお悩みが出てくるのでしょうか――。今回は、「会社に居場所がなく、無気力」という女性のお悩みに、エッセイストの酒井順子さんがお答えします。


回答者:酒井順子さん(エッセイスト)


 企業で働いている方でもご自身で仕事をされている方でも、どんな方でも50代ともなると「時代に追い付いていけていない」と、皆さん一度は思うものではないでしょうか。そのお気持ち、私にもよく分かります。

 仕事面での50代の強みは何か、と考えると、「長いキャリアの蓄積」や「昔のことをよく知っている」ということになると思います。でも、時代の変化とともに、その蓄積が意味をなさなくなってしまった、と感じている人も多いかもしれません。

 ただ、時代が変化をしてもサビつくことのない50代のビジネスパーソンの強みに、「若い世代の人たちよりも何かを一生懸命やる、努力するのが得意」という点があるのではないかと、私は思うんです。アラフィフ世代にはまだ、「努力は美徳」という感覚がありますよね。

 なので、その50代ならではの強みを生かしてもう一度、一生懸命努力してみるというのはいかがでしょうか。

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My ARIAの設定が可能になります