1. 日経xwomanトップ
  2. ARIA
  3. オリンピアンの栄光と挫折
  4. 五輪で惨敗…でも、マラソンとは離れられない私の人生
オリンピアンの栄光と挫折

五輪で惨敗…でも、マラソンとは離れられない私の人生

(下)小鴨由水/「五輪は辞退したかった…」けれど、両親のために完走。結婚、離婚、死別を乗り越えて


オリンピックというひのき舞台で輝いたスポーツ界のヒロインたちの「その後」は、意外に知られていません。競技者人生がカセットテープのA面だとすれば、引退後の人生はB面。私たちの記憶に残るオリンピアンたちの栄光と挫折に、ジャーナリストの吉井妙子さんが迫ります。

(上)初マラソンで新記録、五輪選出が波瀾万丈な人生の始まり
(下)五輪で惨敗…でも、マラソンとは離れられない私の人生 ←今回はココ

予想外の五輪出場 自分をコントロールできなくなった

―― 1992年のバルセロナ五輪前に「燃え尽き症候群」に陥り、その後はどう立て直したのですか。

小鴨由水さん(以下、敬称略) 米国で合宿中に父と中学の恩師がわざわざ会いに来てくれました。監督に「五輪を辞退したい」と訴える私に、中学の恩師は「これまでお世話になった方々のために走ってもいいんじゃないか」って。その言葉が心に突き刺さった。それまで一度も親孝行をしていないことに気づき、父や母のために走ってみようと心新たにしました。

 五輪に向かう前、私が苦しんでいたのは、実は減量です。20歳そこそこだとまだホルモンバランスも安定していないし、減量が苦痛で苦痛で……。大阪国際の前は172cmで48kgぐらいだったけど、直後に急に太りだし、これではいけないとまた減量。自分の体重をコントロールできない自分が嫌になりまた食べ物に手が伸びる……。いわゆる摂食障害です。五輪直前に地元の応援団が開催してくれた壮行会レースに、そんな状態で出場した私は、何と完走した13選手中12位。体重は理想から8kgほどオーバーしていました。

小鴨由水(こかも・ゆみ)
小鴨由水(こかも・ゆみ)
1971年、兵庫県生まれ。1992年の大阪国際女子マラソンに出場し、初マラソンながら2時間26分26秒の日本最高記録で初優勝。バルセロナ五輪に出場(29位)。1993年に引退して龍谷大学短期大学に入学。1996年、岩田屋に入社してマラソンに再チャレンジするも、陸上部廃部に伴って退社。その後、福岡市立障がい者スポーツセンターなどの指導員として勤務するかたわら、市民マラソン大会のガイドランナーとしても活動。2児の母

 今考えれば、思いもしなかった五輪出場が決まり、周りの期待も感じるようになって、自分で自分をコントロールできなくなっていましたね。だから、五輪本番では完走したけど29位という成績は、出場する前から決まっていたように思います。ただ、身体がつらくて、何度も足を止めようと思いながらも完走した自分を、有森裕子(バルセロナ五輪2位入賞)さんじゃないけど「褒めてやりたい」とひそかに思いましたね(笑)。

バルセロナ五輪に向けてトレーニング中の小鴨さん。当時は、減量に苦しんでいた (写真提供/小鴨さん)
バルセロナ五輪に向けてトレーニング中の小鴨さん。当時は、減量に苦しんでいた (写真提供/小鴨さん)
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My ARIAの設定が可能になります