日経ARIA

五輪スイマーが見た紛争や貧困…国連職員に転身して奔走

小学6年のとき、自分の意思で親元を離れて単身大阪へ。「水泳をやっていなかったら、今のような国際的な活動をすることもなかったでしょうね」
閉じる