日経xwoman

女子バレー中田久美監督「金」を諦めるつもりは毛頭ない

涙を流して反対する母を振り切り、中学2年生からバレーのために寮生活を始めた。中学3年生にして「金メダル以外は価値がない」と腹をくくり、通信制の高校へ進学する道を選んだ
閉じる