日経ARIA

岩崎恭子 14歳で金メダル、今も失われた2年間の記憶

バルセロナ五輪決勝、ゴール寸前のすさまじい追い上げに日本中が熱狂した。だが、「今まで生きてきた中で一番幸せです」の名フレーズは、後に岩崎さんを苦しめる一因にもなった
閉じる