1. 日経xwomanトップ
  2. ARIA
  3. オリンピアンの栄光と挫折
  4. 村主章枝 フィギュア引退後に始まった人生の本編
  5. 4ページ目
オリンピアンの栄光と挫折

村主章枝 フィギュア引退後に始まった人生の本編

(上)「芸術」に開眼した瞬間。波瀾万丈な4年間を過ごした後に出場したトリノ五輪で4位入賞


28年間のスケート生活に幕 人生の序章が終わった

村主 スポンサーを自分で探したり、企業に入社して社員アスリートになったりしたけど、競技以外のことにエネルギーが取られ、試合ではなかなか結果が出せない日々が続きました。そして2014年11月、五輪への登竜門ともいえる全日本選手権に出場できなかったことから、28年間のスケート生活を終わりにしようと。33歳の時でした。

 でも引退の感傷はなかったですね。なぜなら競技生活は私の人生の序章。いよいよ本編が始まるという期待感のほうが大きかったんです。

続きの記事はこちら
「村主章枝 選手、コーチ、振付師…私の夢はもっと先に」

取材・文/吉井妙子 写真提供/村主さん

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My ARIAの設定が可能になります