日経ARIA

私が「産まなかった本当の理由」53歳の今、後悔はない

今でもふと、考えるのです。もし生まれていたら、あの子はどんな人生を歩んでいたのだろう、と
閉じる