日経xwoman

狩猟→解体→カフェで提供 移住した町で動物と向き合う

解体処理施設が少ないことも、駆除された動物が市場に出回らず、廃棄される一因。「ローコストで作れることを知らせ、解体処理施設を作る人を増やしたい」と、コンテナを改造し、クラウドファンディングも活用して300万円で建てた自称「日本一小さな獣肉解体所」
閉じる