日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. ARIA
  3. 仲人がそっと教える 婚活サバイバル術
  4. 結婚を遠ざける 母から刷り込まれた結婚観の「呪い」
仲人がそっと教える 婚活サバイバル術

結婚を遠ざける 母から刷り込まれた結婚観の「呪い」

仲人ライターが教える婚活成功術。恋愛らしい恋愛をしてこなかった女性の場合


20代30代を仕事に学びにと忙しく過ごし、生活が落ち着いたアラフォー、アラフィフで婚活を始める女性が増えてきました。周りを見渡すと40代50代で良きパートナーに巡り合った友人もちらほら。とはいえ、ARIA世代の婚活はそれほど甘くありません。結婚相談所を主宰し、仲人として数々のカップル成立をサポートしてきた鎌田れいさんが語る令和の婚活サバイバル術。今回は「婚活がうまくいかない女性」がテーマ。恋愛らしい恋愛をしてこなかったタイプについて語ります。

 今回は、40代、50代の女性婚活者にスポットを当てて、うまくいかない人をタイプ別に見ていきましょう。婚活がうまくいかない女性には大きく分けて2つのタイプがあります。1つ目は、これまで恋愛らしい恋愛をしてこなかったタイプ。2つ目は、恋愛はしてきているのだけれど、それが結婚に結びつかないタイプです。今回記事と次回記事の2回に分け、今回はまず「これまで恋愛らしい恋愛をしてこなかったタイプ」について一緒に考えていきましょう。

「男の人で失敗したら、とんでもないことになる」

 全く恋愛をせずに年を重ねてしまった40代、50代女性は、女子校育ちで周りに男性がいない環境に身を置いていたようなケースもありますが、一番大きな要因になっているのは、母親から刷り込まれた恋愛観に縛られていることです。

 私の相談所で婚活していた清美さん(42歳、仮名)は、思春期に入った頃から、母親に呪文のように言い聞かされていた言葉がありました。

 「男の人で失敗したら、人生がとんでもないことになるのよ」

恋愛できない清美さんは、母親の言うことを素直に聞く優等生タイプだった(写真はイメージ)
恋愛できない清美さんは、母親の言うことを素直に聞く優等生タイプだった(写真はイメージ)

 幼い頃から両親の仲が悪く、母親は口を開けば父親の悪口を言い、自分の結婚が失敗だったことを嘆き、上の呪文を唱えるのでした。

 清美さんには、2つ上の姉がいました。小さな頃から、姉よりもスポーツも勉強もできた清美さんは、母親から大きな期待をかけられていました。母親に褒められるのはいつも妹の清美さん。姉は思春期に入ると母親に反抗するようになり、中学の頃から彼氏をつくり、勉強もせずに遊びまわっていました。

 「姉が反抗するので、母の期待はますます私に注がれていきました。そんな中で育った私は、学校の先生や母親に褒められることで、自分の存在価値を見いだすようになっていました。もちろん学生時代に男子と付き合うこともありませんでした」

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My ARIAの設定が可能になります