日経ARIA

鈴木裕美 この家は「ご機嫌な自分」が保証される場所

演出家 鈴木裕美さん。「これでもずいぶん捨てた」といいながら、壁一面の本棚。戯曲や写真集などの本が多く、どれも第一線で仕事をしてきた鈴木さんのかけがえのない相棒たち
閉じる