女性の活躍を広げるジェンダー平等はSDGsの最重要課題

―― 日経ARIAの取材で、IMFのレポートを紹介しました。

 その中で「女性がエンパワーメントされて活躍するようにならないと、40年後には経済成長が推定より25%も縮小するという試算があります。男女差や正規・非正規など労働市場の格差を是正すれば、GDP は予想より15%回復するでしょう」という分析がありました。

根本 それはすばらしいメッセージですね。

―― しかし、その話を経済界の男性経営陣に伝えても反応がいまいちなことにガッカリしてしまって。彼らの考えとしては、経済にとって女性活躍はメインの議題ではないと頭から決めつけているのが、ひしひしと伝わってきて……。

根本 ええーっ(驚)。本当ですか。女性の活躍は、完全に経済の話に直結していますよね。

―― 世の中では、盛んにダイバーシティと叫ばれていますが、社会における男女格差論はまだまだ傍流だと思い知らされました。

根本 それは残念ですね。国連では、ジェンダーは一丁目一番地、ど真ん中の優先課題です。実は、ジェンダーに関しては、あらゆる国が発展途上です。100%男女平等、女性活用が達成できている国はひとつもありません。

―― IMFとしても、労働市場における男女格差をなくそうというのは、新しいコアな課題ということを発信しています。私自身も、もっともっと社会に向けて発信していかなくては、と感じています。

『日経xwoman』総編集長、『日経ARIA』編集長、羽生祥子。「家族と自然にやさしい暮らしを提案する」フリーマガジン「エコマム」編集長も兼任
『日経xwoman』総編集長、『日経ARIA』編集長、羽生祥子。「家族と自然にやさしい暮らしを提案する」フリーマガジン「エコマム」編集長も兼任

続きの記事はこちら
企業人として生活者としてSDGsを「自分ごと化」

文/工藤千秋 撮影/馬場わかな

根本かおる(ねもと・かおる)
国連広報センター所長
根本かおる(ねもと・かおる) 東京大学法学部卒。テレビ朝日勤務を経て、米国コロンビア大学大学院で国際関係論修士号を取得。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連ジュネーブ本部などで勤務後、フリージャーナリストに。2013年8月から現職。著書に『難民鎖国ニッポンのゆくえ ── 日本で生きる難民と支える人々の姿を追って』(ポプラ新書)など。