日経ARIA

石川さゆり  紫綬褒章受章 演歌に込めた働く女の情念

1970年頃撮影。まだ10代のあどけない表情で、一日警察署長をつとめたときのショット。この頃はまだ、テレビの歌番組に出ても、いつもほかの子の一歩うしろに下がって立っているような子だった。「私はあまり個性的じゃないから。いまだって、そうよ」と笑いながら振り返る、石川さん(写真提供/さゆり音楽舎 協力/Books Under Hotchkiss)
閉じる