レモン石鹸(せっけん)と聞けば、「小学校にあったあの黄色の石鹸!」と思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。そのレモン石鹸を製造していたのは創業1905年、洗顔石鹸やボディソープなど化粧品の製造販売を手がけるマックス(大阪府八尾市)。5代目社長である大野範子さんは36歳の時、先代の父親から100年企業の経営を引き継ぎました。その後、5回のがん治療という闘病生活を乗り越えながら、会社を新たなステージに導いてきた道のりをインタビューしました。第一回は「まさか自分が継ぐとは思っていなかった」という大野さんのキャリアについて紹介します。

(1)「レモン石鹸」100年企業を継いだ社長の決断 ←今回はココ
(2)がん闘病きっかけに新商品
(3)ステージ4含む5回のがん治療からの復帰

体調を崩した父から「社長を代わってほしい」

―― 社長に就任して10年ですが、どのような経緯で会社を継ぐことになったのでしょうか?

大野範子さん(以下、敬称略) マックスは曽祖父が創業者で、祖父、叔父、先代である父とずっと男性が社長でしたし、社内にはいとこもいたので、私が継ぐとはまったく考えていませんでした。もともと私は大学卒業後、大阪にある香料の会社に就職したのですが、3年たって東京への転勤の可能性があって悩んでいた時に、父から「悩むなら、うちに来たらどうか」と。経営陣の一人として役に立てるならと入社して、営業を担当していました。やがて父が体調を崩してしまい、急に私に白羽の矢が立って「1年半後には社長を代わってほしい」と言われました。就任までの1年半はビジネススクールに通って、必死で経営の勉強をしましたね。

「ずっと男性が社長でしたし、社内にはいとこもいたので、私が継ぐとはまったく考えていませんでした」

―― 断ろうとか、プレッシャーはありませんでしたか?

大野 「やるしかないんだろうな。じゃあどうしよう」という感じでしたね。実は小さい頃から漠然と、社長になりたいとは思っていました。父の一生懸命働く姿がかっこよかったんでしょうね。けど、「お前は女だし、いとこもいるから難しい。自分で働いて自立できるように」とずっと言われていたので、それなら無理かなと思っていました。

―― 先代社長であるお父さんが、大野さんを社長にと考えた理由は?