緊急事態の中では「朝令朝改」でもいい

―― 今回の新型コロナウイルス感染拡大に対応するため、契約形態にかかわらず、全社員がより早く完全な在宅勤務に切り替えることができるよう、人事制度を変更されたそうですね。

小出 このような緊急事態の中にあっては、「朝令暮改」ならぬ「朝令朝改」でもよいぐらいだと思っています。状況はあまりに刻々と変わっています。

 多くの日本企業は緊急事態宣言が出された後、リモートワークや在宅勤務を推奨しつつも、必要な場合は社員の方がオフィスに出社するケースもあると思います。しかし、当社は早々とオフィスをすべて「ハードクローズ」し、どんな理由があろうと一切入館できない状態にしました。原理原則でいえば、お客様先への訪問も禁止です。お客様に感染させてしまう恐れもありますし、その逆も考えられます。人と人との接点を極力減らすことが重要だと考え、我々は緊急事態宣言が出される前にそうした措置を取りました。

 なつ印業務も極力電子サインに変えました。法務部門や対官庁の書類など、内容によってはどうしてもなつ印が必要になる場合があります。その際は、特別にレンタルオフィスを借りて対応するなど、いろいろな仕組みを考えないといけません。

 一番よいのは、国内で一斉にこれまでのすべてのなつ印業務を電子化することですが、そう簡単には変えられません。今後、いずれはすべてを電子サインにすることを見越して、状況を見ながら変えていくことが大事だと思います。

全社員が就業時間の1%をボランティア活動に充てる

2019年12月、ボランティア活動として、ひとり親家庭向けのクリスマスカードを準備する社員たち
2019年12月、ボランティア活動として、ひとり親家庭向けのクリスマスカードを準備する社員たち

―― 新型コロナ対応の一環で、子どもたちが安心・安全に放課後を過ごすための活動を行っている「放課後NPOアフタースクール」にも支援をされています。

小出 当社には創業以来、ボランティアも広く浸透しています。セールスフォース・ドットコムでは創業当時より、「1-1-1モデル」と呼ぶ、ビジネスと統合した社会貢献を行っています。1-1-1モデルとは、製品の1%、株式の1%、就業時間の1%を活用してコミュニティに貢献するという社会貢献モデルです。これに基づき、普段から我々は従業員の就業時間の1%をボランティア活動に充てています。

 就業時間中のボランティア時間は、すべてデータで可視化されています。例えば私の秘書が就業時間の1%をボランティア活動に充てられていなかったとします。すると私ではなく、アメリカのCEOから、直接本人にメールが届くのです。

 「あなたは目標の3割しかボランティア活動をできていないようですが、何か理由があるのでしょうか。上司の小出がボランティア活動をする時間を取らせてくれないのでしょうか。それとも家庭に何か問題があり、ボランティア活動の時間が取れないのでしょうか」といった細かいコミュニケーションが開始されます。

 このように、全社員が積極的にボランティアに取り組めるよう会社が支援するという文化が根付いているので、「今は社会全体の中で誰がどのように困っているのだろう」ということを察知するアンテナを全社員が立てています。