日経ARIA

真矢ミキ流「感情に飲み込まれそうなとき」の大人の対処法 

「現場の空気がなんとなく暗くて重い時は、外国人モードを発動。超ハイテンションな挨拶をしてみます!」
閉じる