大人数のゲストにも対応可能。「居所」が多いピットリビング

 ご夫婦が一目ぼれして導入したのが「ピットリビング」。普段の生活から来客時まで使い勝手が良い、この家のメインスペースです。

 ピットリビングとは、床面が一段下がっている形状のリビングのこと。段差が「ベンチ」になるほか、造り付けのソファに座る、床に座るなど、「居所」が多いのが特徴。実際、最大20名の来客がこのリビングに一堂に会したこともあるそうです。普段、ご夫婦で過ごしている時間も、したいことや気分によって居場所を変えるなど、その時々で心地良い距離感を保ちながら過ごせそうです。

ピットリビングなら、段差がベンチになったり背もたれになったりと、自由な姿勢でくつろげる
ピットリビングなら、段差がベンチになったり背もたれになったりと、自由な姿勢でくつろげる

複数人で調理するなら「セパレートキッチン」が効率◎

 そして、もう一つ、『住ムフムラボ』で、ご夫婦が目を留めたのが『セパレートキッチン』。シンクとコンロが別々に配列されているキッチンです。食事はゲストをもてなし、一緒に楽しむための大切な要素。セパレートキッチンには、複数人数での調理作業がしやすいというメリットがあります。

 私たちの研究所では、コンロやシンク、作業台のレイアウトを組み換えながら、それぞれの頭や手の動きをモーションキャプチャーで分析。最も効率の良い台のレイアウトが、このような2列のセパレートタイプであるという結果を得ました。つまり、「対面キッチン」のような1列型より、L字や2列のレイアウトの方が、複数人でのキッチン作業に適しているのです。

 このキッチンの価値は、効率の良い調理動線だけに限りません。共同作業をすることで家族と、あるいは仲間・友人とつながる喜びや豊かさを感じられると思います。

セパレートキッチンの例。複数人でのキッチン作業では、「それぞれの台」があると効率的
セパレートキッチンの例。複数人でのキッチン作業では、「それぞれの台」があると効率的

 なお、こちらがSさん邸のキッチンです。レイアウトのほか、「収納」にも注目してみてください。

キッチン周りの収納スペースが豊富。しっかり「目隠し」されている
キッチン周りの収納スペースが豊富。しっかり「目隠し」されている

 ご夫婦の希望の一つに「人を招いた際、生活感を感じさせないようにしたい」ということがありました。特にキッチンはリビングからよく見えます。そこで、ごちゃごちゃして見えないよう、収納スペースを多く確保。調理器具や食器などはもちろん、調理家電も専用スペースに格納しています。キッチン奥にはパントリー(食品庫)も設けています。

 こうして「見られている」ことを気にしなくて済む分、ゲストとのコミュニケーションを心おきなく楽しめるというわけです。