ご近所の人が気軽に集まってくる家でありたい

河崎 ダイニングテーブルの脇の棚に、ギャラリーのようにハンドバッグが並べられていますね。

美抄さん ハンドメイドの「ジュエリーバッグ」の教室を開いているんです。アロマストーン、アーティフィシャルフラワーアレンジも教えています。レッスンは2人~4人程度の少人数制・予約制で、このダイニングテーブルで行っています。四国の方からレッスンに来てくださる生徒さんもいらっしゃいますよ。サロンを開く気になったのは、この家に引っ越してからですね。この広い空間ならできる、と思って。レッスン後はリビングに移動してお茶を飲むこともあります。

レッスンを行うダイニングテーブルの上にも小ぶりのシャンデリア

河崎 教室の生徒さん以外の来客も多いですか?

一行さん 私の友人も遊びに来ますし、子どもも友人を連れてきます。家が明るく、広くなったせいか、子どもたちも前よりオープンになった気がしますね。

河崎 将来的には、このファミリー スイートをどのように活用したいと思われますか?

一行さん いずれ子どもが独立して巣立っていけば、夫婦2人の生活になります。その頃には、ご近所のみなさんがもっと集まってきやすい家にしたい。ご近所さんも同世代が多く、今は年2回ほど町会でゴルフコンペなども行っていますが、特別なイベントだけでなく日常的な交流の場として、わが家のリビングが活用できれば。また日よけのシェードを取り付けて、BBQコーナーをつくったりして庭にも広げていきたい。もし災害などが起きたとしても、お互い顔見知りで普段から交流していれば、助け合えると思います。

河崎 困った時に力になってくれるのは、近所の人たち。家族だけでなく、ご近所ともつながりを育むことができるのが、ファミリー スイートです。

これまでにない大空間のLDK「ファミリー スイート」の詳しい情報はこちら