日経ARIA

「社内失業者」にならない、させない組織の仕組み

「適材適所で人が柔軟に動いていけるような雇用のしくみを考えるとき、20年くらいのかたまりでライフサイクルや仕事を考えていくことが、一つの典型例になるのではないでしょうか」
閉じる