日経xwoman

スラム街のゴミをアートにして還元!長坂真護が描く未来

長坂真護 ながさか・まご

長坂真護 ながさか・まご
MAGO CREATION 代表取締役美術家。1984年生まれ。2009年、経営する会社が倒産し路上の画家に。17年ガーナのスラム街アグボグブロシーを訪れ、先進国が捨てた電子機器を燃やすことで生計を立てる人々と出会う。「サステナブル・キャピタリズム」を提唱し、これまでに1000個以上のガスマスクをガーナに届け、18年に学校『MAGO ART AND STUDY』、19年には文化施設『MAGO E-Waste Museum』を設立した(いずれもスラム街初)
閉じる