あなたのメイク、20年前と同じではありませんか。メイクアップアーティストの関野里美さんに、どんな場面でも浮かず、「魅せる」ことができるメイクをパーツ別に動画で解説してもらいます! 1回目は一重、奥二重、二重というまぶたのタイプ別に学ぶ、アイラインの引き方です。

(1)一重、二重… タイプ別アイラインで目力UP!【動画】 ←今回はココ
(2)自然な眉を描く秘訣はツール使いにあり!【動画】
(3)表情に活力を与えるチーク使いで印象が変わる!【動画】

 はじめまして。ヘアメイクアップアーティストの関野里美です。今回から3回にわたり、あなたのメイクをより魅力的にするポイントを動画で紹介します。第1回はアイラインの引き方です。心や体の健康状態が表れやすいのが目元。日経ARIA読者の40~50代は筋力が落ちて顔にゆるみやたるみが出るため、どうしても目力が下がり、はれぼったい印象になりがち。そこで、何よりもまず見直してほしいのがアイライン。ポイントを押さえれば目力アップ間違いなしですが、まぶたのタイプごとにアプローチは変わってきます

【一重まぶた編】下まぶたからアイメイクを作っていく

 一重の人はメイク映えしにくいと悩みがちですが、まぶたがすっきり若々しく見える長所があります。そのすっきりさを生かしながら、より魅力的な目元にするため、まぶたの下からアイメイクを作っていくのがポイントです!

 まず目の下の瞳の中央に、パールが入っているジェルタイプのアイカラーを小指で入れていきます。小指で入れると肌に密着し長持ちにつながります。

すっきりすずしげな目元のポイントは、目の下に入れるパールから
すっきりすずしげな目元のポイントは、目の下に入れるパールから

 一重まぶたの場合、アイラインも目の下から。入れる箇所は、瞳の中央から少し内側、粘膜とまつげの生え際の間。ジェルタイプのアイライナーだと、粘膜のあたりに入れても長時間崩れることなく、まぶたに密着してくれます。

 そのあと瞳の上(上まぶた)にもアイライナーを。瞳の中央と外側の間を中心にまず入れて、その後、まつげの生え際をぼかすように、左右に広げていきます。詳しくは動画を見てくださいね。

シャープな目元の目力アップはパール使いがポイント(所要時間 3分12秒)