日経ARIA

マキシマム ザ ホルモン ナヲが女性ホルモンを学ぶ

閉経の前後5年(45~55歳ぐらい)を「更年期」といい、この時期に表れるさまざまな症状を「更年期症状」、その症状が日常生活に支障を来すほどになることを「更年期障害」という。更年期が始まる手前、40代の初めごろから月経周期が不規則になったり、月経の様子に変化が表れたりし始める。これが「卵巣が寿命に向かい始めた」サイン
閉じる