…私、間違いなく揺らいでいました!

善方 このグラフを見てください。女性ホルモンの分泌は、思春期にどんと上がって、20~30代は安定、40歳くらいから不安定な時期が始まって、45歳から55歳ぐらいにかけてどんと下がるんです。だいたい、50歳が平均的な閉経年齢。初潮(月経開始)は、かつて15~16歳だったのが今や12歳と早くなっているのですが、閉経年齢は戦前からずっと変わらないんです。

ナヲ ええ、不思議。閉経年齢は変わらないんだ!

善方 卵巣の寿命、つまり「卵巣がこれ以上働けないよ」となる時期がだいたい50歳、と決まっているからです。閉経の前後5年、45~55歳ぐらいを「更年期」といいます。

閉経の前後5年(45~55歳ぐらい)を「更年期」といい、この時期に表れるさまざまな症状を「更年期症状」、その症状が日常生活に支障を来すほどになることを「更年期障害」という。更年期が始まる手前、40代の初めごろから月経周期が不規則になったり、月経の様子に変化が表れたりし始める。これが「卵巣が寿命に向かい始めた」サイン

 更年期は、どんな女性にもやって来ますが、この時期につらい症状が出る場合を、更年期障害といいます。のぼせ、火照り、イライラ、うつっぽい、冷え、頭痛、手足のしびれ、関節痛、尿漏れ、などさまざまな症状が起こり得ます。でも、実際はその少し前から「揺らぎ」が始まるのね。すごく調子がいい時期、悪い時期、生理が短い、長い、みたいなのが30代の終わりぐらいから始まる。ナヲさんは、生理の不調とかPMS(月経前症候群)はある?

ナヲ 不調、というほどのものはないんですけど、これまで「一日たりともずれない!」みたいな感じできっちり来ていたのが、最近、2日早い、2日遅い、顔出してはあれ、きてない? みたいなのがあって。

善方 それが揺らぎです。

ナヲ ええー! じゃあ私、揺らいでます。揺らいでました(笑)!

女性ホルモンの揺らぎを示したグラフを見て「まさに、私は揺らいでた!」と大興奮