1980年代後半から90年代にかけて『格好悪いふられ方』『Rain』『十人十色』などのヒット曲を連発。俳優や司会者としても活躍していた大江さんは、47歳で全活動をストップしてジャズの名門大学に留学しました。以降、米国を拠点にジャズピアニストとして活躍する大江さんを襲ったパンデミック。大江さんは、ニューヨークの街で何を考え、どう行動したのでしょうか。

(1)コロナ禍で実感した「またゼロに戻るとき」 ←今回はココ
(2)まずはグラミー賞!「そろそろ夢を口に出していこう」
(3)「人生の抑揚」を知っている60歳の僕

―― 大江さんの最新刊『マンハッタンに陽はまた昇る~60歳から始まる青春グラフィティ』(KADOKAWA)の最後の項「ニューヨークの夜明け。ワクチン接種始まる」で、ニューヨークでワクチン接種が始まった初日に1本目を打ち、「もう少しで2本目を打つ日がやってくる。僕はもう昨日までの僕ではない」と書かれた後、「P.S.」として、2本目のワクチン接種の後にアナフィラキシーショックを起こした、とあってのけぞりました。

大江千里さん(以下、敬称略) ははは、ホラー映画『キャリー』のラストみたいでしょ、ギャーッて(笑)。2度目の接種をした日の夜になってから、心臓をわしづかみにされるような痛みが走って、あ、これはやばい、どれくらいやばいのか分からないけど、かなりやばい……と思ううちに黒目が動かない感覚になり、ばたんと気を失ったんです。良かったのは気を失ったおかげで深く眠れたこと。

 朝、無理やりに起きて水を飲んで。再び眠って起きたら37度6分。おかゆを作って食べて、よみがえりました。ワクチンの副反応もいろんなケースがあるようです。でも、科学の力を証明する先陣を切ろうという船に乗ったことは後悔していないし、僕が乗っているこの船はこの先どこに行くのか予測もつかないんですけど、「これから世界は良い方向へ変わっていく」と感じています。ふらふらしてお皿を3枚割ってしまったけど、でもとりあえず元気。僕はこれから名作を作るかもしれない体と心を得ているんだ、なんていう不思議な、静かな気持ちで今日も音楽を作っています。

写真は2020年1月の取材時に撮影。今回は、ブルックリンの自宅からリモート取材に応じた
写真は2020年1月の取材時に撮影。今回は、ブルックリンの自宅からリモート取材に応じた

―― 日経ARIAでインタビュー(逆転の一冊「思い描く未来は100%こない」)をしたのが2020年の1月でした。取材の後、大江さんは予定されていた日本ツアーを中断してニューヨークに戻り、世界中がパンデミックとなっても、変わることなくニューヨークで暮らし続けていたんですよね。