日経ARIA

妹たちへ 君島十和子 母の口紅で目覚めた美への憧れ

観劇に魅了され、宝塚に憧れた。口紅を付けて華やかになった母の姿に感動、メイクにも興味を持った中学生の頃
閉じる