人生には思いもよらぬことが起きるもの。肩の力を抜いて柔軟に「私の生き方」を見つけていこう――。先輩たちが半生を振り返って贈る、珠玉のメッセージ。日経WOMANの看板リレー連載を、日経ARIA読者にお届けします。キャスティング・ディレクターで演出家の奈良橋陽子さんの最終回は、仕事を通じて学んだキャスティングするときの心掛けや、海外で必要とされる人の条件を教えてもらいました

(1)『風と共に去りぬ』に憧れて
(2)『ラスト サムライ』を支えた
(3)映画作りは私のライフワーク ←今回はココ

奈良橋陽子
キャスティング・ディレクター、演出家
奈良橋陽子 ならはしようこ/1947年千葉県生まれ。外交官だった父親の仕事で5~16歳をカナダで過ごす。国際基督教大学を卒業し、演劇留学を経て帰国後、作詞家としてゴダイゴの『ガンダーラ』など多くのヒット曲を手がける。演出家としても活躍し、特攻隊を描いた『The Winds Of God』は海外でも話題に。近年はキャスティング・ディレクターとしてハリウッド映画に日本人俳優を紹介。参加した公開待機作にNetflixオリジナル映画『The Earthquake Bird』、ドラマ『GIRI/HAJI』など。

 映画『ラスト サムライ』(2003年)に参加して以降、ハリウッドから日本人俳優のキャスティングオファーが一気に増えました。

 チャン・ツィイー主演の映画『SAYURI』(05年)では、渡辺謙さん、役所広司さん、桃井かおりさんらをキャスティング。ブラッド・ピット主演の映画『バベル』(06年)では、耳の聞こえない女子高校生役に菊地凛子さんを紹介。彼女はオーディションで、一人の女性としての力強さが際立っていました。同じように強烈な存在感、カリスマ性を感じて推薦したのが、アンジェリーナ・ジョリー監督作『不屈の男 アンブロークン』(16年)で軍人を演じたMIYAVIさん。ミュージシャンの彼は俳優経験ゼロでしたが、この作品で俳優として高く評価されました。公開待機作では、水俣病の実態を追った実在の写真家をジョニー・デップが演じる『Minamata』(原題)で、美波さん、浅野忠信さん、加瀬亮さんらをキャスティングしています。

ハリウッド映画、朝ドラ、ネット配信作まで

 日本では、NHK連続テレビ小説『マッサン』(14年)から、外国人をヒロインにしたいというオファーを受けました。私はアメリカに飛び、日本にいるプロデューサーとSkypeで打ち合わせをしながら、必死で女優を探しました。キャスティング・ディレクター向けにインターネットで公開されている俳優のビデオクリップで目に留まった中の一人が、シャーロット・ケイト・フォックス。実際に会うと、セクシーすぎず、どこか日本的なしとやかさがあって、朝ドラヒロインにぴったりだと感じました。

 最近はネット配信作での仕事も増えています。2019年の配信予定作のひとつが、Netflixで配信される、リドリー・スコット製作総指揮の『The Earthquake Bird』(原題)。日本を舞台にしたサスペンスで、アリシア・ヴィキャンデルとライリー・キーオが演じる女性の相手役に、三代目J Soul Brothersの小林直己さんをキャスティングしました。彼はライブでの圧倒的な存在感が気になっていたのですが、撮影現場でも評判です。日英を舞台にしたサスペンスドラマ『GIRI/HAJI』では、平岳大さん、窪塚洋介さん、本木雅弘さんらを紹介しています。