日経xwoman

「号泣するなんて恥」父の死を悲しむ自分が許せなかった

お盆に実家に帰ると、空高くユリが咲いていた。夏目漱石『夢十夜』の第一夜のように、父が会いに来てくれたのではないかと思った
閉じる