夫婦二人きりの暮らしが長くなってくると、休みの日の時間をだんだんと持て余してしまうこともあったり、なかったり…。だからといって、「マンネリ打開のイベントを!」などと肩肘張る必要はありません。変わりなく流れるゆるーい時間の中にも、意外といろいろな楽しみがあるものです。妻の実家がある愛知に拠点を移したフリーライターの大宮冬洋さんが、結婚7年のDINKS夫婦の週末時間をリアルにつづります。

 「今から出れば9時半前には長島に着くはず。A駐にとめたいな」

 日曜日の朝8時過ぎ。愛知県蒲郡市の自宅で妻がつぶやいた。今日のお出かけ先は三重県桑名市にある三井アウトレットパークの「ジャズドリーム長島」。いわゆるアウトレットモールだ。

僕が行き先を決め、妻が混雑回避プランを段取り

 行き先が決まると、運転手の妻は段取りを始める。モール内店舗の開店時間は10時だけど、時間が遅くなるほど混んできてしまう。早めに着いて、目的の店舗近くのベンチで座って待つ。開店したら1時間ぐらいでさっさと買い物をして、桑名名物の安永餅を1つずつ買い、食べながら帰路につく――。混雑が嫌いな僕たちの定番コースだ。

 今回は、妻の妹が「駐車場はAのエリアにすると、モールに入るのも近いし車で帰るときも楽」との情報を教えてくれたらしい。こうやって妻の脳内ナビはどんどん賢くなっていく。僕は助手席で彼女の段取り力を褒める係にすぎない。

 ただし、お出かけの言い出しっぺは僕であることが多い。たいていの行き先には妻が連れて行ってくれる。ありがたい。

 僕の頭の中には「マッチョ志向のおじさん」が住んでいて、「何でもできて何でも知っている頼もしい男であれ!」と叱咤(しった)されることがある。でも、彼の指示に従ってもいいことはあまりない。僕はできないことが多いし狭量でボンヤリした性格なので、ありもしない実力を無理に出すとメンバーを間違った方向に導いてしまう。車の運転をしたら、道を間違えた揚げ句に焦って不機嫌になって事故を起こすタイプだ。

東海地方で人気のアウトレットモール「ジャズドリーム長島」へ。混み過ぎないうちに買い物を済ませたい!